インターネットで遺産相続をサポートする弁護士集団

遺産相続における遺言と遺産相続弁護士の役割について

遺産相続は資産も負債も平等に相続します

神の遺産との対決人が亡くなったとき、資産や負債が残される場合がほとんどです。
現金や土地、預金などの資産であれば相続する側も悪い気持ちはしないものですが、借金などの負債が残されていた場合は配偶者や子どもに返済義務が移行します。
どちらも残された場合は両方とも相続することになります。

相続には税金がかかります

また、相続を受ける際には相続税という税金を支払わなくてはなりません。
しかし相続は放棄することもできるため、資産よりも負債のほうが多い場合や、相続税を払うことが難しい状態にあればその権利を放棄することも可能です。

会社経営者が無くなった場合の対応

会社経営をしていた故人であれば、その会社の資金や売掛金などの債権もまた相続の対象となります。
会社経営が上手くいっていればの話で、傾いていた場合は借金や損害債務といったマイナスとなる財産相続も発生してしまいます。
権利が複雑に絡む上、会社の経営にも大きな影響が出るため、この場合、専門の弁護士に相談するのが一般的です。

遺言状が遺産相続の基準となります

遺産相続と聞くと、残された親族内での財産をめぐった争いを思い浮かべる人も少なくありません。
実際問題としてこのようなケースは非常に多く、生前に遺産の分配を遺言として残す人も多くいます。
遺言がある場合これに従って遺産を分配するという基本原則があります。
民法によって定められているもので、遺言を最優先に考えます。
故人の意思を尊重するという意味合いがあります。

遺言状が無ければ法律に従って分けられます

しかし生前の遺産に対する意思表示が形として残っていないときは、民法に定められた決まりによって資産や負債を分配することとなります。
これを法定相続と言います。
相続人を確定する際に、故人の出生から死亡までの戸籍・除籍・改製原戸籍などをすべてそろえます。
この中から戸籍上の相続人を把握することができます。
遺族のなかに胎児や行方不明者がいる場合には、それぞれに対応し相続を考慮する必要があります。
遺産相続では親族間で揉める原因とならないように遺産相続専門の法律家、相続弁護士に依頼するのがおすすめです。

最新投稿