2015年の相続税の改正施行の影響について

2015年1月より相続税の改正施行がありました

ヤシの木と勇者普段の生活のなかで相続について考える機会はあまりないかもしれません。
ですが、いざという時には必要になるので、今回は表題の改正について私が調べたことをまとめてみたいと思います。

基礎控除額の引き下げ

まず、基礎控除額が引き下げられました。
相続税というのは、相続する遺産全てにかかってくるのではなく、相続する遺産から基礎控除額を差し引いたものに対してかかってくるものです。
従って、基礎控除額が引き下げられたということは、これまでよりも相続税として納める金額が上がる可能性が高くなった、ということです。
または、これまで相続税を納める必要のなかった人も、納める対象者となる可能性が出てきたということです。

我が家には大きく影響がありました

具体的には、これまでの基礎控除額が【5000万+(1000万×法定相続人の数)】であったのに対し、【3000万+(600万×法定相続人の数)】となっています。
かなり引き下げられた印象ですよね。
その分、納める税金が上がるかもしれないということです。

これは我が家にとっても一大事です。
そこで、少しでも相続にかかる税金を下げる方法はないものかと調べたところ、我が家が使えそうな条件を見つけました。
それが「小規模宅地等の特例」です。

小規模宅地等の特例を利用して節税に取り組みました

相続する家に、すでに自分が住んでいる場合、または住んでいなくでも、賃貸に住んでいて、自分で所有する住居に住んでいない場合、対象となる遺産の評価額が80%引き下げられるというものです。
また、賃貸用アパートや駐車場に対しても、同様の条件で、評価額の50%の適用が行えるようです。
相続に関する話は普段なかなかできるものではありませんが、いざという時のために、お正月やお盆など、家族が集まる機会に一度皆で話し合っておくといいかもしれませんね。