遺言書にまつわる豆知識

遺言書をなぜ作るのか

ロールプレイングゲーム遺言とは、被相続人が死亡する前に、死後の法律関係を定める目的で作ります。
亡くなる方の最終の意思表示を示すものであり、亡くなった後に実行されるものです。
遺言書が存在しない場合には、民法の定めに従って、相続人で遺産を分けることになります。
これを法定相続といいます。

法律を上回る意志を示すことが出来ます

法定相続では、民法が相続人の相続分を決めています。
しかし、そもそも相続とは、亡くなった被相続人の財産を継承することです。
なので、本来であれば、被相続人自身で築いた財産については、被相続人自身が決めるべきことです。
ゆえに、前述しましたように、遺言という形で、最終の意思表示を形にするというわけです。

遺言が効力を持つ範囲があります

記載する内容については、民法やほかの法律で定められた事項に限ります。
例えば、「兄弟仲良く協力するように」などと、被相続人の希望を書いていても、法律上の意味は持ちません。
定められた事項については、相続に関すること、相続財産の処分に関すること、身分に関すること、作成した書面の執行に関することなどとなっています。
さらに、民法によって、厳格に方式が定められており、方式に従わなければ、法的に無効となります。

遺言書の保管と行使のバランスを取ることが必要です

被相続人がもっとも危惧するのは、作成後の保管場所です。
生前中に簡単に発見されるようでは困りますし、かといって、死後大切にしまい過ぎて、発見されないのでは意味がありません。
一般的には、配偶者やそのほかの相続人が保管しているというケースが多く、それができない場合には、弁護士に預けるという場合が多くなります。
最近では、銀行の貸金庫を利用される方も増加傾向にあります。
ただし、この場合には、どこの貸金庫に保管しているのかを、誰かに知らせておく、あるいはメモなどに残しておくことが必要です。